米国株評価額1,000万円突破

米国株評価額が初めて1,000万円を突破しました。1,000万円という数字に特に意味はありませんが、節目なので気分的には達成感があります。



昨夜発表された2月雇用統計では、平均時給が市場予想を下回りましたが、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、WedWatchの3月利上げ確率は前日の88.6%から93.0%に上昇しています。

ドル円が上昇すると円換算の資産額は増えますが、円安になると毎月の追加投資で買えるドルが少なくなってしまうので、できれば円高基調が続いてくれたほうが嬉しいです。円安になっても毎月追加投資を続けるのは止めませんが…


下のグラフは私のポートフォリオとS&P500のトータルリターン(円建て)の比較です。
2016年来のS&P500のトータルリターンは13.6%だったのに対して、私のポートフォリオは11.8%だったので、1.8%ポイント負けています。リスク(標準偏差)はS&P500が21.0%に対して、私のポートフォリオは19.5%でした。



0 件のコメント :

コメントを投稿