海外移住

お正月休みも終わりですね。

私は社会不適合者なので、会社で働くことは苦痛です。高校を卒業して就職した会社は拘束時間が長くて2年も持ちませんでしたし、今の薄給非正規雇用の仕事でも時々憂鬱になって辞めたくなってしまします。

そんなとき、物価の安い国へ移住してのんびり暮らす妄想をします。現実には言語の壁がありますし、特にどこの国に行きたいという希望もないのですが。

今日も現実逃避のために海外移住について調べていたのですが、重大なことを見落としていることに気付きました。



マネックス証券(https://info.monex.co.jp/policy/request.html)

私は米国株の取引にはマネックス証券を使っているのですが、海外に移住した場合は取引だけでなく、口座の管理もできなくなるようです。口座開設のときに「海外居住者ではありません。」というようなチェック欄があったような記憶はありますが、これは見落としていました。


調べてみると、これは日本の証券会社ではどこでも同じようです。

万が一、海外に移住することになったら口座を閉じないといけないので、含み益があっても税金を払わないといけないのですね。昨年か一昨年、富裕層が海外移住する場合、出国時に含み益に課税されるというニュースを見たときは、富裕層だけで関係ないと思っていましたが、思わぬところに落とし穴がありました。


元々妄想でしたが、海外移住の夢はますます遠のいてしまいました。




0 件のコメント :

コメントを投稿