外貨積立の平均積立レート(住信SBIネット銀行)

私は住信SBIネット銀行の外貨積立を利用しています。SBI証券で米国株を買う場合、円貨決済と外貨決済が選べますが、どちらも1米ドル当たり25銭の為替コストがかかります。

しかし、SBI証券は住信SBIネット銀行と連携しているため、住信SBIネット銀行で米ドルに替えて、SBI証券に無料で外貨入金することができます。外貨普通預金(リアルタイム、指値注文など)の為替コストは1米ドル当たり15銭ですが、外貨積立は1米ドル当たり5銭と安いです。

しばらく使っていて今更気付いたのですが、この外貨積立は平均積立レートを見ることができます。

私は2017年2月9日に始めて、買付に使用した合計金額が268,500円、平均積立レートが111.85円でした。今年に入ってから99万6,000円追加入金していますが、この半年くらいは普通預金口座残高がほとんどなく、給料日に一気にドル転することが多かったので、外貨積立はあまり利用できていなかったようです。
今までGoogleスプレッドシートで毎回入金額を記録して平均積立レートを計算していましたが、勝手にやってくれるのはすごく便利ですね。

ちなみに外貨積立では「購入上限レート」を設定できます。私は現在、118.00円を上限に設定しているので、ドル円が118円を超えると約定しません。

私は毎月一定額のドルを買いたいので上限レートの設定は外すつもりですが、少しでも安く買いたいという方には良いかもしれませんね。

(追記)
2017年8月10日(木)18:00約定分まで外貨預金セールをやっているようです。外貨普通預金も外貨積立も1米ドル当たり4銭です。外貨積立は5銭→4銭なのであまり変わりませんが…


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿