住信SBIネット銀行、外貨取引の為替コスト引き下げ

住信SBIネット銀行の外貨取引の為替コストが8/10から更に引き下げられるようです。

・外貨普通預金
1米ドルあたり15銭以下→4銭以下

・外貨積立
1米ドルあたり5銭以下→4銭以下

外貨積立の為替コストは6/6に引き下げ(1米ドルあたり15銭→5銭)があったばかりです。手数料がどんどん下がっていくのは嬉しい限りです。

ほかの通貨の為替コストも引き下げられるようですが、住信SBIネット銀行で購入した米ドルはSBI証券に無料で外貨入金することができるので、とても便利です。
(過去記事:住信SBIネット銀行、外貨積立の為替コスト引き下げ

これで外貨普通預金と外貨積立の為替コストは同じになりましたが、私は為替を気にしたくないので今後も外貨積立を続けようと思います。


2 件のコメント :

  1. 私はSBI証券で米国株買う時は外貨MMFや円貨から米国株買ってるんですが
    これだと特定口座利用できるんですが住信SBIネット銀行経由だと特定口座的には
    どうなるんですかね?

    返信削除
    返信
    1. まことさん、こんにちは。

      国税庁によると、外貨預金を払い出して外貨建MMFに投資した場合、この時点で為替差益を所得として認識する必要があるそうです。
      https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/02/43.htm
      外貨預金の為替差益は雑所得として総合課税になりますが、年収2,000万円以下の給与所得者で、雑所得が20万円以下であれば確定申告は不要のはずです。
      でも外国税額控除や損益通算のために確定申告する場合は一緒に申告しなければいけないので面倒です。
      円貨から買う場合も為替コストが4銭で済めば便利なのですが…

      削除