ハイテク株ETF(VGT、XLK、QQQ)

今回はハイテク株ETFについてです。ハイテク業界は移り変わりが激しく、特に個別株投資が難しいセクターだと思います。

今回調べたETFは以下の3銘柄です。QQQはNASDAQ100指数に連動するETFなので、ハイテク株以外も含まれていますが、一応比較に入れてみました。

経費率PER配当利回り純資産額
($10億)
銘柄数
VGT
 バンガード・米国情報技術セクターETF
0.10%27.941.05%14.8361
XLK 
 テクノロジー・セレクト・セクター SPDRファンド
0.14%23.891.43%17.872
QQQ 
 パワーシェアーズQQQトラスト・シリーズ1
0.20%27.440.90%52.1100
VGTは経費率が最も低く、幅広く分散されています。配当利回りはどれも低いですが、XLKは1.43%と高めで、PERも23.89と低いです。後述しますが、これはXLKには電気通信セクターが含まれているためだと思われます。

組入上位25銘柄とシェア

VGTXLKQQQ
Apple Inc14.72%Apple Inc14.37%Apple Inc11.5%
Microsoft Corp9.44%Microsoft Corp10.49%Microsoft Corp8.4%
Facebook Inc A7.00%Facebook Inc A7.31%Amazon.com Inc6.8%
Alphabet Inc C5.05%Alphabet Inc A5.31%Facebook Inc A5.9%
Alphabet Inc A4.89%Alphabet Inc C5.29%Alphabet Inc C4.9%
Visa Inc Class A3.29%AT&T Inc4.25%Alphabet Inc A4.3%
Intel Corp2.84%Visa Inc Class A3.51%Intel Corp2.7%
Cisco Systems Inc2.77%Intel Corp3.35%Comcast Corp Class A2.6%
Oracle Corp2.67%Cisco Systems Inc3.04%Cisco Systems Inc2.4%
International Business
Machines Corp
2.20%Verizon Communications Inc2.95%Amgen Inc2.0%
Mastercard Inc A2.18%Oracle Corp2.63%Celgene Corp1.6%
Broadcom Ltd1.74%Mastercard Inc A2.42%NVIDIA Corp1.6%
NVIDIA Corp1.74%International Business
Machines Corp
2.28%Gilead Sciences Inc1.5%
Texas Instruments Inc1.42%NVIDIA Corp2.00%Broadcom Ltd1.4%
Accenture PLC A1.40%Broadcom Ltd1.81%The Kraft Heinz Co1.4%
Qualcomm Inc1.33%Texas Instruments Inc1.64%Charter Communications Inc A1.4%
Adobe Systems Inc1.32%Accenture PLC A1.52%The Priceline Group Inc1.4%
PayPal Holdings Inc1.21%Qualcomm Inc1.40%Texas Instruments Inc1.3%
Salesforce.com Inc1.11%PayPal Holdings Inc1.36%Netflix Inc1.2%
Applied Materials Inc0.83%Adobe Systems Inc1.35%Starbucks Corp1.2%
Automatic Data
Processing Inc
0.82%Salesforce.com Inc1.19%PayPal Holdings Inc1.1%
Activision Blizzard Inc0.81%Applied Materials Inc1.02%Walgreens Boots Alliance Inc1.1%
Cognizant Technology
Solutions Corp A
0.72%Automatic Data
Processing Inc
0.92%Qualcomm Inc1.1%
Electronic Arts Inc0.65%Activision Blizzard Inc0.88%Adobe Systems Inc1.1%
eBay Inc0.64%Micron Technology Inc0.83%Biogen Inc1.0%
VGTとXLKは一見ほぼ同じに見えますが、XLKには電気通信セクターのT(AT&T)とVZ(ベライゾン・コミュニケーションズ)が含まれてるのが大きな違いです。

QQQには一般消費財セクターのAMZN(アマゾン・ドット・コム)やNFLX(ネットフリックス)、CMCSA(コムキャスト)、SBUX(スターバックス)、ヘルスケアセクターのAMGN(アムジェン)、CELG(セルジーン)、GILD(ギリアド・サイエンシズ)、BIIB(バイオジェン)などが含まれています。NYSE上場のV(ビザ)とMA(マスターカード)は含まれていません。

トータルリターンとボラティリティ

SPY(S&P500)と比較してみます。

過去10年のトータルリターンはQQQ>VGT>XLK>SPY、ボラティリティはVGT>QQQ>XLK>SPYでした。最大ドローダウンは3銘柄ともSPYよりも小さく済んでいます。高PER株は下落相場で暴落するというイメージを持っていましたが、リーマンショックでは被害が小さかったんですね。金融セクターが含まれていないのも大きそうですが…

個人的には高パフォーマンスのQQQが一番魅力的に思えますが、 V(ビザ)とMA(マスターカード)が含まれていないのが少し不満です。私はAMZNを個別で保有しているので、投資するならVGTのほうが良いかもしれません。


0 件のコメント :

コメントを投稿