SBI証券、TSM(台湾セミコンダクター)の取扱開始

SBI証券で、12/5からTSM(台湾セミコンダクター)の取扱が開始されました。
(SBI証券:チャイナ リテラチャー(00772)、台湾セミコンダクター(TSM)等 外国株式計13銘柄の取扱開始!(12/5~)

TSMは世界最大の半導体製造ファウンドリ(半導体の製造を専門に行う企業)です。Market Hackによると、多品種少量生産の時代ではINTC(インテル)のような垂直統合メーカーよりも有利だそうです。
(Market Hack:10年後にはこの会社がインテルを抜いて世界最大の半導体メーカーになる

高利益率・高成長かつ、そこそこ高配当で気になっていた銘柄だったので、SBI証券で買えるようになって嬉しいです。

現在はPER18.5(過去5年平均15.5)、配当利回り2.9%です。年初来で33.4%上昇しています。

業績

売上高は右肩上がりで、過去10年の成長率は年率11.6%、過去5年の成長率は年率17.3%です。
過去5年のEPS成長率は19.8%、増配率は15.3%です。モーニングスターでは2015年の配当のデータが抜けていたのでゼロになっていますが、実際には配当は出ていたようです。
過去5年平均の粗利益率は48.7%、営業キャッシュフローマージンは58.1%、ROICは21.9%、ROEは25.8%です。ちなみにINTC(インテル)は粗利益率が61.8%、営業キャッシュフローマージンは36.5%、ROICは15.4%、ROEは19.3%です。粗利益率は少しINTCに負けていますが、他はTSMのほうが上です。

トータルリターン比較







人気ブログランキングに登録しています。
よろしければ応援お願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ




2 件のコメント :

  1. フィリップグレアム2017年12月7日 14:03

    ロナルドリードさんこんにちは。
    SBIで、TSMを取り扱うのですね。TSMのために新しい証券口座開こうかなと思ってました。
    購入候補に加わりました。
    半導体業界の成長率を考えるとまだ割安価格だと思っています。
    かなりざっくりですが50~60ドルくらいが適正価格かなと勝手に算定しました。
    SBUX、CVS、TSMが高い優先順位にあります。

    返信削除
    返信
    1. フィリップグレアムさん、こんにちは。
      私も楽天証券の口座を開こうかと考えていたところでした。
      あとは楽天にしかないNVOも取り扱ってもらえたら嬉しいのですが・・・

      半導体業界のことはよく知りませんが、IoTやAI、自動運転等々で長期的な成長が見込めそうですし、過去平均よりもバリュエーションがやや高めでも魅力的な気がします。

      削除