世界各国のイールドスプレッド比較(2018年2月)

株式のバリュエーションを判断する指標のひとつに「イールドスプレッド」というものがあります。
債券同士の利回り格差や株式と債券の利回り差を指し、それぞれの利回りを比較することで相対的な割高感・割安感を判断する指標のひとつとなる。
債券同士の場合は、一般的に長期国債を基準に、残存期間や信用度から債券利回りの割安・割高を判断する。債券と株式の場合は、長期国債の利回りから配当利回り(=年間配当金÷株価)や株式益回り(=1株利益÷株価)を引いた数値を比較する。
引用元:野村證券「証券用語解説集」
昨年の9月に世界各国のイールドスプレッド比較を記事にしていますが、あれから世界的に金利が結構上がってきているので、現時点ではどうなっているのかを調べてみました。
(過去記事:世界各国のイールドスプレッド比較

イールドスプレッド比較(2018年2月)



PER益利回り10年国債
利回り
イールド
スプレッド
スウェーデン10.49.62%0.81%-8.81%
スペイン10.79.35%1.54%-7.81%
オランダ14.76.80%0.70%-6.10%
日本16.46.10%0.05%-6.05%
ハンガリー11.58.70%2.66%-6.04%
ポルトガル12.58.00%1.99%-6.01%
オーストリア14.86.76%0.91%-5.85%
チェコ12.97.75%1.92%-5.83%
韓国11.88.47%2.74%-5.74%
英国14.17.09%1.50%-5.59%
フランス15.76.37%0.93%-5.44%
ドイツ16.85.95%0.65%-5.30%
アイルランド15.86.33%1.08%-5.25%
台湾16.06.25%1.04%-5.21%
ロシア8.511.76%7.03%-4.73%
ノルウェー15.06.67%1.96%-4.71%
香港15.66.41%2.02%-4.39%
デンマーク19.65.10%0.73%-4.37%
シンガポール15.36.54%2.39%-4.14%
スイス24.24.13%0.08%-4.05%
カナダ16.06.25%2.23%-4.02%
タイ16.26.17%2.43%-3.75%
オーストラリア16.95.92%2.79%-3.13%
フィンランド26.53.77%0.78%-2.99%
ポーランド15.96.29%3.35%-2.94%
パキスタン8.911.24%8.80%-2.44%
中国16.56.06%3.86%-2.20%
ベルギー31.93.13%0.95%-2.19%
ニュージーランド19.45.15%2.97%-2.18%
マレーシア16.36.13%4.05%-2.09%
米国22.84.39%2.86%-1.52%
コロンビア12.97.75%6.62%-1.13%
イタリア32.33.10%2.07%-1.03%
チリ20.84.81%4.55%-0.26%
ペルー24.34.12%4.54%0.42%
トルコ9.410.64%11.58%0.94%
インドネシア20.44.90%6.60%1.69%
フィリピン23.14.33%6.73%2.40%
メキシコ19.75.08%7.62%2.54%
インド22.44.46%7.72%3.26%
南アフリカ22.84.39%8.14%3.75%
ブラジル21.84.59%9.62%5.03%
エジプト12.08.33%14.80%6.47%
ギリシャマイナス- 4.41%-
イスラエルマイナス- 1.77%-

※PERはわたしのインデックス「世界各国のPER・PBR・時価総額」、10年国債利回りはInvesting.comのデータを使いました。PERは2018年2月実績値、10年国債利回りは2018年2月末時点です。
※ペルーは10年国債利回りがなかったので、9年国債利回りで代用しました。

グラフ化すると以下のようになります。
前回(約半年前)は最も割安だったのがチェコ、次いでロシアでしたが、今回はスウェーデン、スペイン、オランダとなっています。割安上位はヨーロッパや日本など低金利国が多いですね。

米国のイールドスプレッドは-1.52%まで縮小しています。イールドスプレッドがプラスになるまではまだ余裕がありますが、かなり割高感が出てきているように思えます。

ヨーロッパは全体的に約半年前に比べて割安になった感じがします。私のポートフォリオの3割近くを占める英国も-5.59%になっています。

新興国はPERが低くても高金利国が多いので、イールドスプレッドでみると高めの国が多いです。台湾、タイなど比較的低金利だったり、ロシアなどPERが極端に低い国は割安になっています。

CAPEレシオを使ったイールドスプレッド比較(2018年2月)

次に、益利回りの代わりにCAPEレシオの逆数を使ったイールドスプレッドを比較してみます。過去10年のインフレ調整後EPSの平均値を使ったCAPEレシオと現在の長期金利を比べるのが考え方として合っているのかどうかはよく分かりませんが、PERを使った場合よりも一時的な要因を除けるので補足的に見てみます。


CAPE益利回り
(CAPEの逆数)
10年国債
利回り
イールド
スプレッド
ロシア6.515.38%7.03%-8.35%
チェコ9.810.20%1.92%-8.28%
スペイン13.67.35%1.54%-5.82%
ポルトガル14.17.09%1.99%-5.10%
イスラエル14.76.80%1.77%-5.03%
英国15.76.37%1.50%-4.87%
ポーランド12.48.06%3.35%-4.71%
シンガポール14.46.94%2.39%-4.55%
ノルウェー15.86.33%1.96%-4.37%
ドイツ20.14.98%0.65%-4.32%
オーストリア19.85.05%0.91%-4.15%
スイス24.94.02%0.08%-3.94%
ハンガリー15.26.58%2.66%-3.92%
フィンランド21.64.63%0.78%-3.85%
フランス21.04.76%0.93%-3.83%
スウェーデン21.84.59%0.81%-3.78%
韓国15.66.41%2.74%-3.67%
イタリア17.65.68%2.07%-3.61%
台湾21.84.59%1.04%-3.55%
日本27.93.58%0.05%-3.54%
オランダ23.64.24%0.70%-3.54%
香港18.35.46%2.02%-3.45%
ベルギー25.63.91%0.95%-2.96%
オーストラリア18.35.46%2.79%-2.68%
カナダ20.94.78%2.23%-2.55%
タイ22.24.50%2.43%-2.08%
デンマーク36.22.76%0.73%-2.03%
マレーシア17.05.88%4.05%-1.83%
アイルランド39.62.53%1.08%-1.44%
中国19.15.24%3.86%-1.38%
ニュージーランド24.04.17%2.97%-1.20%
米国30.73.26%2.86%-0.39%
インドネシア20.84.81%6.60%1.79%
フィリピン22.34.48%6.73%2.25%
ブラジル14.27.04%9.62%2.58%
メキシコ21.24.72%7.62%2.90%
南アフリカ19.95.03%8.14%3.11%
インド22.54.44%7.72%3.28%
トルコ12.18.26%11.58%3.32%
ギリシャ-6.8- 4.41%-

※CAPEレシオはStarCapital AG、10年国債利回りはInvesting.comのデータを使いました。CAPEレシオ、10年国債利回りは2018年2月末時点です。
※ペルーは10年国債利回りがなかったので、9年国債利回りで代用しました。

グラフ化すると以下のようになります。
 
CAPEレシオを使った場合だと、ロシアとチェコが群を抜いて割安です。

やっぱり低金利のヨーロッパは比較的割安ですが、日本はCAPEレシオが高いので真ん中くらいになっています。CAPEレシオ30超の米国は-0.39%でそろそろプラスになってしまいそうです。

TEVA(テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ)のせいなのか、イスラエルはPERがマイナスになっていましたが、CAPEレシオで見ると結構割安ですね。EIS(iシェアーズMSCIイスラエルETF)というETFがあるようですが、残念ながら国内ネット証券では取り扱いがないようです。



今後も定期的にチェックしていこうかなと思います。



人気ブログランキングに登録しています。
よろしければ応援お願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ




3 件のコメント :

  1. とうしろ個人投資家2018年3月15日 22:13

    米長期金利が 3.0%~3.5% で IEF をナンピン買いしたいのですが、対応する IEF の価格はいくらでしょうか?デュレーション=金利感応度=債券利回りの上昇で債券価格がどれくらい下落するのか、というのがあるそうですが、とうしろにはよく分りません。指値注文で IEF を買いたいので、よろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. IEFの実効デュレーションは7.55と書かれているので、利回り1%の変化に対して価格は7.55%変化します。
      加重平均残存期間は8.35年だそうなので、10年国債利回り3%になる時点でのIEFの価格は私にはよく分かりません。
      https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239456/ishares-7-10-year-treasury-bond-etf

      削除
    2. とうしろ個人投資家2018年3月16日 14:31

      ありがとうございました。利回り1%の変化に対して価格は7.55%変化として、概算で計算してみます。近似的な価格は計算できると思います。

      削除