モーニングスターのフェアバリューをチェック

昨年、モーニングスターのフェアバリューを無料で調べられることを知り、ときどきチェックするようにしています。
(過去記事:モーニングスターのフェアバリューを無料で見る方法

全体のフェアバリュー

まずレーティングがある銘柄全体では、現在、Price/Fair Value(現在株価÷フェアバリュー)は0.98となっています。フェアバリューに対して2%割安ということですね。2001年以降の最低値は2008年11月20日の0.54、最高値は2004年12月31日の1.14です。


セクター別のフェアバリュー

最も割安なのは電気通信セクターで、割高なのはエネルギーセクターとなっています。

セクターPrice/Fair Value
電気通信0.78
金融0.82
ヘルスケア0.85
一般消費財0.89
不動産0.90
生活必需品0.91
全体0.98
テクノロジー0.99
公益1.07
素材1.17
資本財1.20
エネルギー1.28

保有銘柄のフェアバリューとエコノミックモート

私の保有銘柄のPrice/Fair Valueとエコノミックモートです。

SymbolNamePrice/Fair ValueEconomic Moat
GEゼネラル・エレクトリック0.56Wide
SRCLステリサイクル0.59Wide
MDTメドトロニック0.73Wide
GISゼネラル・ミルズ0.75Wide
MOSモザイク0.76None
GSKグラクソ・スミスクライン0.76Wide
VODボーダフォン0.77Narrow
PGプロクター・アンド・ギャンブル0.77Wide
PFEファイザー0.79Wide
NTRニュートリエン0.81Narrow
ULユニリーバ0.82Wide
MSFTマイクロソフト0.82Wide
RDS.Bロイヤル・ダッチ・シェル(B株)0.84None
BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ0.84Wide
WBKウエストパック銀行0.85Wide
GOOGアルファベット(C株)0.85Wide
AMGNアムジェン0.86Wide
XOMエクソン・モービル0.86Narrow
KOコカ・コーラ0.87Wide
BRK.Bバークシャー・ハサウェイ(B株)0.87Wide
IBMインターナショナル・ビジネス・マシーンズ0.89Narrow
HRLホーメル・フーズ0.90Narrow
CLコルゲート・パルモリーブ0.91Wide
PMフィリップ・モリス・インターナショナル0.92Wide
IFFインターナショナル・フレーバー&
フレグランス
0.92Wide
DEOディアジオ0.92Wide
MOアルトリア・グループ0.93Wide
CVXシェブロン0.93Narrow
ADMアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド0.93None
AMZNアマゾン・ドット・コム0.93Wide
NGGナショナル・グリッド0.99None
JNJジョンソン&ジョンソン1.02Wide
HSBCHSBCホールディングス1.02Narrow
BPBP1.03None
MKCマコーミック1.08Wide
LMTロッキード・マーティン1.08Wide
NVOノボ・ノルディスク1.09Wide
AZNアストラゼネカ1.14Wide
TSM台湾セミコンダクター・
マニュファクチャリング
1.33Narrow

Price/Fair Valueの加重平均は0.88でした。エコノミックモートはWideが73%、Narrowが18%、Noneが9%です。

IFFのエコノミックモートは以前調べたときはNarrowだったのですが、いつの間にかWideになっていました。

TSM(+33%)、AZN(+14%)、NVO(+9%)、LMT(+8%)、MKC(+8%)はやや割高になっています。昨年調べたときはタバコ株が特に割高でしたが、このところは株価が不調なので平均よりも割安になっています。

GE(-44%)、SRCL(-41%)、MDT(-27%)、GIS(-25%)、MOS(-24%)、GSK(-24%)、VOD(-23%)、PG(-23%)、PFE(-21%)はフェアバリューよりも20%以上割安になっています。

GEは飛び抜けて割安に見えますが、フェアバリューは昨年から大きく引き下げられているので、また次チェックしたときには更に引き下げられているような気がします。ちなみに私のGEの含み損は-57%とひどいことになっています。ウェイトは1%程度でそれほどダメージも大きくないので、最近ではむしろどこまで下がるのか楽しみになりつつあります。

GISは先月のBUFF(ブルー・バッファロー・ペット・プロダクツ)買収、今月のガイダンス下方修正で、株価は2013年2月頃の水準まで下落しています。配当利回りは4.4%と魅力的に思えます。

AMZNはさすがに上がり過ぎなんじゃないかと思っていましたが、フェアバリューよりもまだ割安のようです。

GEのようにモーニングスターのフェアバリューは短期間で大きく引き下げられることもあるのであくまでも参考程度ですが、これからもチェックしていこうと思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿