先進国各国の実質GDP成長率と実質EPS成長率を比べてみる


長期的にみれば、ある国の名目GDP成長率は企業利益成長率と一致するはずです。

米国の企業利益と名目GDP、先進国と新興国のEPSと名目GDPについては以前記事にしており、両者の成長率はだいたい一致していました。
(過去記事:米国の企業利益成長率と名目GDP成長率の関係
(過去記事:先進国と新興国のEPSと名目GDPの関係

先進国各国の実質EPS成長率と実質GDP成長率

今回は先進国各国の実質EPS成長率と実質GDP成長率を比較してみたいと思います。

まず、EPS成長率はStarCapital AGの「Predicting Stock Market Returns Using the Shiller-CAPE(PDF)」に載っている、現地通貨ベースの実質EPS成長率(幾何平均)を使いました。期間は1969年~2015年です。
出典:StarCapital AG

実質GDP成長率はWorld Bankの「GDP (constant LCU) (現地通貨ベースの実質GDP)」を使って、同期間の幾何平均成長率を計算しました。
(今まで実質/名目を表す英単語はreal/nominalしか知りませんでしたが、constant/currentとも言うことを今回初めて知りました。現地通貨ベースの名目GDPはGDP [current LCU]、米ドルベースの名目GDPはGDP (current US$)、米ドルベースの実質GDPはGDP (constant 2010 US$)です。)

計算した1969年~2015年の実質EPS成長率と実質GDP成長率を比べると以下のようになります。
(表はEPS成長率とGDP成長率の差の降順です。ドイツとフランスはGDPのデータがありませんでした。)


①EP成長率
(1969-2015)
②GDP成長率
(1969-2015)
① - ②
スウェーデン5.80%2.19%3.61%
デンマーク3.20%1.85%1.35%
ノルウェー3.70%2.95%0.75%
イタリア1.90%1.81%0.09%
香港5.10%5.66%-0.56%
スペイン1.80%2.58%-0.78%
カナダ2.00%2.79%-0.79%
米国1.90%2.82%-0.92%
日本1.40%2.48%-1.08%
英国1.10%2.33%-1.23%
ベルギー1.00%2.24%-1.24%
オランダ0.90%2.34%-1.44%
フランス0.80%2.27%-1.47%
オーストリア1.60%3.22%-1.62%
シンガポール3.80%7.22%-3.42%
ドイツ1.90%--
スイス1.90%--

スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、イタリアはEPS成長率>GDP成長率ですが、それ以外の国ではGDP成長率のほうが高いです。
 
このEPS成長率はその国全体の企業利益成長率ではなくMSCI指数の成長率なので、46年間という長期でみてもGDP成長率と一致しなくてもおかしくはないのかもしれません。

StarCapital AGによると、たとえばMSCIデンマークの構成銘柄数は1994年の20超から2011年には11まで減少しており、同期間でヘルスケアセクターのウェイトは10%から60%に増加したそうです。
(この増分の大部分はノボ・ノルディスクなんじゃないかと思います。)

このように指数の構造が大きく変化している場合は利益成長率とGDP成長率を同じものとして考えることはできなさそうですね。


よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

コメント