米国株100%、米国債100%、60/40、オールシーズンズ・ポートフォリオの10年ローリング・リターン


今回はPortfolio Chartsで株式100%、米国債100%、60/40、オールシーズンズ・ポートフォリオの10年ローリング・リターン(インフレ調整後)を調べてみました。

米国株100%

まずは米国株100%(トータル・ストック・マーケット)から見ていきます。

Portfolio Chartsによると、1970年以降の米国株100%ポートフォリオのインフレ調整後パフォーマンスはドル建てでは平均リターン7.6%、ボラティリティ17.0%、円換算では平均リターン6.7%、ボラティリティ27.5%となっています。

10年ローリング・リターン(ドル建て)

ドル建ての10年ローリングではマイナスになったのは5回のみです。こうやって見ると株式100%でも全然余裕に思えますね。

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(ドル建て)

5年ローリングではマイナスは12回です。

出典:Portfolio Charts

10年ローリング・リターン(円換算)

ドル建てでは株式100%でも全然大丈夫そうに思えますが、円換算すると10年ローリングでも14回マイナス、うち3回は-5%を超える大幅なマイナスとなっています。

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(円換算)

5年ローリングではマイナスは19回です。

出典:Portfolio Charts

米国債100%

次は米国債(中期国債)100%です。

Portfolio Chartsによると、1970年以降の米国債(中期国債)のインフレ調整後パフォーマンスはドル建てでは平均リターン3.2%、ボラティリティ7.0%、円換算では平均リターン2.5%、ボラティリティ5.4%となっています。

米国株100%の場合は円換算のほうがボラティリティが大きくなりましたが、米国債100%では逆にボラティリティが小さくなっています。リスクオフ時には米金利低下(米国債高)&円高ドル安、リスクオン時には米金利上昇(米国債安)&円安ドル高が起こるからなんでしょうか。

10年ローリング・リターン(ドル建て)

ドル建ての10年ローリングではマイナスになったのは5回です。金利上昇局面ではやはり厳しいですが、1980年以降では安定したリターンを残しています。

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(ドル建て)

5年ローリングではマイナスは8回です。

出典:Portfolio Charts

10年ローリング・リターン(円換算)

米国債の場合、円換算でもマイナスは4回のみです。金利低下余地がもうあまり残されていないので今後は厳しそうですが、円換算でもこれだけ安定的なリターンが残せているんですね。

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(円換算)

5年ローリングではマイナスは6回です。

出典:Portfolio Charts

60/40ポートフォリオ

続いて伝統的な60/40ポートフォリオ(株式60%/中期国債40%)です。

Portfolio Chartsによると、1970年以降の60/40ポートフォリオのインフレ調整後パフォーマンスはドル建てでは平均リターン5.8%、ボラティリティ10.9%、円換算では平均リターン5.0%、ボラティリティ16.9%となっています。

10年ローリング・リターン(ドル建て)

ドル建ての10年ローリングではマイナスになったのは3回のみです。

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(ドル建て)

5年ローリングではマイナスは7回です。

出典:Portfolio Charts

10年ローリング・リターン(円換算)

円換算の10年ローリングではマイナスは5回です。

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(円換算)

5年ローリングではマイナスは12回です。

出典:Portfolio Charts

オールシーズンズ・ポートフォリオ

最後はオールシーズンズ・ポートフォリオです。
※オールシーズンズ・ポートフォリオはアンソニー・ロビンズ 著「世界のエリート投資家は何を考えているのか」に載っている、レイ・ダリオの個人投資家向けポートフォリオです。
 過去記事:レイ・ダリオのオール・シーズンズ戦略

Portfolio Chartsによると、1970年以降のオールシーズンズ・ポートフォリオのインフレ調整後パフォーマンスはドル建てでは平均リターン5.3%、ボラティリティ7.9%、円換算では平均リターン4.9%、ボラティリティ9.8%となっています。

10年ローリング・リターン(ドル建て)

ドル建ての10年ローリングではマイナスになったのは1回のみです。
(「世界のエリート投資家は何を考えているのか」では"急激な金利引き上げが起こった1970年代の平均リターンは9.68%で、損失を出したのはわずか1年だけだった"と書かれていたと思うのですが、この数値はインフレ調整前の名目リターンだったのかもしれません。)

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(ドル建て)

5年ローリングではマイナスは3回です。

出典:Portfolio Charts

10年ローリング・リターン(円換算)

円換算の10年ローリングではすべてプラスです。

出典:Portfolio Charts

5年ローリング・リターン(円換算)

5年ローリングではマイナスは5回です。

出典:Portfolio Charts



よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

コメント