買い増したいけど高PERすぎるROL(ローリンズ)


前に同じような記事を書いてから一向に安くなる気配がなくて少額だけ買って放置しているROL(ローリンズ)。
 過去記事:高PERの害虫駆除会社ROL(ローリンズ)

PERは相変わらずの高さです。
出典:NASDAQ

PER=1/(割引率-永久成長率)、割引率=7%とすると、PER66.68は5.50%の永久成長率を織り込んでいるということになります。ダモダラン教授の7/22の割引率5.59%を使うと、永久成長率は4.09%です。
 過去記事:成長率と適正PERを考える
 過去記事:リーマンショックとコロナショック下の株式リスクプレミアム推移

ROLは下表のように安定高成長ですが、米国のGDP成長率を上回るペースで永久に成長し続けるというのは非現実的に思えます。

出典:Morningstar

2022年の予想EPSに基づいた予想PERは55.95で、これはAMZNの52.58よりも高いです。
出典:NASDAQ

※ただし、予想PERを単純比較すると株式報酬費用が大きいAMZNを過大評価してしまうことになります。

出典:Amazon

finvizで有配のS&P500構成銘柄を予想PERの降順に並べてみると、ROLは15番目になります。上位はPERで評価しにくいREIT(AIV、UDR、SBAC、SLG、PEAK、DLR、EQIX、PLD、DRE、ARE、CCI、WELL)や石油(SLB、COP)等が多いので、成長率的に似ているのは電子取引プラットフォームを運営するMKTX(マーケットアクセス・ホールディングス)や医薬品包装・配送を手掛けるWST(ウェスト・ファーマシューティカル・サービシズ)が近そうです。
 過去記事:米国REITのFFO倍率と配当(分配金)利回り推移

出典:finviz

ROLの過去のPERと比べてみても、現在のPERはいくらなんでも高すぎると思います。昔から高PERでしたが、2015年くらいまではせいぜい30〜35くらいだったんですよね。
(そういえば、当時米国株投資を始めたばかりの私はGEとか買ってた記憶があります。)

出典:ZACKS

まあこれはMKTXとWSTも似たような感じですが…

出典:ZACKS

ちなみにROL、MKTX、WSTをS&P500と比べると以下のようになります。ROLは美しい右肩上がりになっていますね。
(期間は2004年12月〜2020年6月)

出典:Portfolio Visualizer

せめてPER40くらいに落ちてきてくれれば買いたいのになと思っています。


よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

コメント